世界を舞台に活躍する人づくり

教育の人づくりは、グローバルな視野を育む人財づくり、「新しい価値の創造」は、新たな起業・創業するチャレンジ精神あふれる産業人の育成、「地域を支える」は、日向の暮らしや産業を支える中核となる地域人材の育成を柱に幼・保・少・中・高連携の取り組み。

ひゅうがスポーツ施設整備計画の策定

前回の国体以来スポーツ施設の整備がなされておらず、老朽化している施設整備を新設、改築に積極的に取り組み、2順目国体や東京オリンピック・パラリンピックのサーフィン大会や合宿誘致、パラリンピック種目「ボッチャ競技」の誘致など、また、各種競技の全国・九州大会の誘致にも積極的に取り組む。

大学等のサテライト設置や高等学校の専攻科設置への取り組み

例えば宮崎大学や九州保健福祉大学や専門学校のサテライトキャンパスを誘致し、放送大学の利活用も図り教育環境の充実を図る。また、日向工業高校に専攻科を設置して日向圏域の企業が求める人財育成を積極的に取組む。

児童生徒の読書推進

言葉(ボキャブラリー)が増えコミケーション能力が高まり、感性が磨かれ想像力が豊かになり、自分の考えをしっかりと持つことができる人財育成の推進