とや幸平

私の原点

スポーツ少年団を21年間指導するなかで多くの子どもたちとともに汗を流し、学び、体験し、感動と思い出をたくさん頂きました。 しかし、その子どもたちが高校・大学を卒業しても、日向市に帰ってこないという厳しい現実があります。

なぜ子どもたちは帰ってこないのか?

仕事がなければ外へ働きに出るしかありません。 日向市発展のためには、このような人口減少に歯止めをかける必要があります。 6万人の日向市民が心豊かに暮らしてゆくために行政は何をすべきか。 私が政治を志した原点にかえって、さらに真剣に考えました。

「くらしと心の豊かなひゅうが」で真の地方創生を目指します。

20年間の議員活動を通して、数多くの市民の皆様と膝を交えて生の声を聴き、『政治』がいかに生活に結びついているかを実感しました。 そして、その声を如何に市政に反映させるか、また、『くらしと心の豊かなひゅうが』の実現のためには何が必要か、新たな政策を真剣に考えました。 私の宝である人と人との繋がりを市政推進の大きな原動力として、明るいひゅうが創りに全てを捧げる覚悟でいます。 『至信・・・信じることを貫く』のゆるぎない信念とだれにも負けない情熱や市民目線・企業経営の感覚で、必ずや皆様のご期待に沿えるものと自負致しております。

政治姿勢

構想力と実行力
明確なビジョンを示す構想力と実行力で
市民に信頼される市政の推進
挑戦と決断
新たなテーマへの挑戦と迅速な決断で
スピーディーな市政の推進
現場主義と対話
徹底した現場主義と対話と協働で
活気のある市政の推進
責任と公正
全てに責任を持ち、公正で開かれたクリーンな
市政の推進

とや公平プロフィール

  • 日向市生まれ 61歳(昭和29年7月5日)
  • 日向市立富高小学校卒業
  • 日向市立日向中学校卒業
  • 県立日向工業高等学校卒業
  • 私立九州共立大学工学部卒業

議員・委員長歴

  • 日向市議会議員 初当選(平成7年度)
  • 宮崎県議会議員 初当選(平成15年度)
  • 生活福祉常任委員会委員長(平成19年度)
  • 商工建設常任委員会委員長(平成20年度)
  • 環境農林水産常任委員会委員長(平成22年度)
  • 宮崎県議会副議長就任(平成23年度)
  • 監査委員就任(平成25年度)

主な経歴

  • 元スポーツ少年団指導歴21年間
  • 元日向高等学校PTA会長
  • 元宮崎県港湾建設協会顧問
  • 元宮崎県歯科医師連盟顧問
  • 元宮崎県トラック協会顧問
  • 宮崎県浄化槽協会顧問
  • 日向地区バスケットボール協会会長
  • 宮崎県クラブバスケットボール連盟会長
代表質問代表質問
宮崎県議会副議長就任宮崎県議会副議長就任(平成23年度)
ミニバス表彰式ミニバス表彰式
座右の銘
初心忘れるべからず
政治信条
至信(信じることを貫く)
趣味
スポーツ(バスケットなど)、映画、読書、音楽鑑賞など