市長メッセージ

更新日:2021年01月04日

職員の皆さん、新年明けましておめでとうございます。市長の十屋でございます。
皆様におかれましては、清々しい新年をお迎えのことと謹んでお喜び申しあげます。
また、昨年は職務に精励し、市政の推進にご協力いただき御礼申し上げます。
今年も、「笑顔であいさつ 日本一 ひゅうが」で、市民サービスの向上に努めていただきますよう宜しくお願い致します。
 
さて、昨年は新型コロナウイルス感染症により緊急事態宣言が発出され、外出制限、休業要請、学校の臨時休業等が実施されたほか、「新しい生活様式」の実践など、私たちの仕事や生活の様々な場面で影響があり、社会が大きく変化した一年でありました。
また、職員の皆さんには、通常業務に加え、コロナ禍による経済対策や感染防止対策の取り組みのほか、年末には鳥インフルエンザの感染が確認されて以降、県と連携しての初動防疫や消毒ポイントでの作業など、ご協力いただき感謝いたします。

なお、私の2020年を表す漢字は「断」でありました。日向サンパーク温泉館の休館や東郷病院の「無床診療所」への移行を決定するなど、市政にとって大きな決断をした1年だったと考えます。

新年を迎えても新型コロナウイルス感染症が拡大し終息は見通ず、市民の皆さんは不安で不自由な生活を余儀なくされ、地域経済も厳しい状況が続いていると感じています。
今後、「コロナとともに生きていく」ためには、市民の命と健康を守り、暮らしと経済を支える取り組みに加え、明日への活力や未来への希望を取り戻す視点が重要となります。

そのような中、令和3年度からは、「第2次日向市総合計画・後期基本計画」や「第2期日向市総合戦略」、「第2次日向市行財政改革大綱」がスタートいたします。
本市の将来像「海・山・人がつながり 笑顔で暮らせる元気なまち~リラックスタウン日向~」の実現に向けて、重点戦略「若者と女性に選ばれるまち”日向未来づくり”」に掲げる各種施策を積極的に推進していきましょう。

そして、本市は今年4月に市制施行70周年を迎えます。先人たちの築いた歴史と伝統を継承し、「九州の扇の要」である重要港湾・細島港を活用しながら、今後も港湾工業都市として成長を続けていかなければなりません。
この記念すべき節目の年を市民の皆さんとともに祝い、将来に向かって
「新」たな気持ちで、「新」しい発想により、「新」たな一歩を踏み出す出発点にしたいと考えています。
年頭にあたっての今年の漢字一文字は「新」です。

それでは、日向市のさらなる発展に向けて、今年も一緒に頑張りましょう。

【今月の一言】

富田高慶/ 原著 二宮尊徳の高弟 相馬藩家臣(福島県)
現代語訳/ 木村壮次・・・経済コラムニスト・共著「日本経済読本」「新聞記事の読み方」
『報徳記』より掲載~二宮尊徳の言行を書いた書籍

~積小為大(せきしょういだい)~二宮尊徳語録

「大事を成し遂げようと思う者は、まず小事を務めるがよい、大事をしようとして、小事を怠り『できない、できない』と嘆きながら、行いやすいことを務めないのは小人の常である。
おおよそ小を積めば大となるものだ。
小事を務めて怠らなければ、大事は必ず成し遂げられる。
小事を務めずに怠るものが、どうして大事を成し遂げることができようか」と書かれています。

【私見】

二宮尊徳は、現在の神奈川県小田原市生まれ。祖父:二宮銀右衛門は、質素・倹約を旨として家業に励み富み栄え、父:二宮利右衛門に代替わりしましたが、父は、村人から善人と褒められる人柄で、村民の求めに応じて富を施し貸し与えたため、貧乏に陥りました。
そして、これまで施しや貸したりしたことで報いを受けようとしない中、水害にあい赤貧となりました。
14歳で父を亡くした尊徳は、兄弟3人の長男として洪水の土木作業や草鞋(わらじ)を作り、田畑を耕し、遠い山で柴刈や薪を伐って売りさばいて家計を支えていました。
しかし、銅像にあるように薪を背負い勉学は怠らなかったそうです。そして、16歳で母を亡くし、叔父の家に預けられても寝る時間を削り、自ら稼ぎ灯油を買い深夜に勉学に励んだそうです。
 
このような生い立ちの中で、尊徳が残した思想は、人口減少で衰退する地域の再生や高齢社会の社会保障問題の最大の課題である財政問題等、現代の課題解決の考え方にも当てはまります。その中で、地域復興に当たっては、
「至誠・・・誠を尽くした真心で生活する」
「勤労・・・至誠の行動で骨身を惜しまず働くこと」
「分度・・・自己の財力に応じて予算を立て合理的な生活設計を行う」
「推譲・・・至誠・勤労・分度・の結果として残ったものを他に譲ること」
つまり、真面目に一生懸命にコツコツと働き、贅沢はせず身の丈に合った生活する中で、物質的にも精神的にも豊かに暮らすことができ経済が潤う。

この尊徳の思想が、渋沢栄一、豊田佐吉、松下幸之助、土光敏夫、稲盛和夫氏など、偉大な経営者に影響を与え、彼らが学び企業を起こし成長させ、社会貢献しています。
『積小為大』今年は、どんな小事でも一つ一つを丁寧に取り組み、積み重ねて仕事をしていき、市制施行70周年を契機に、笑顔があふれる元気な日向市の実現に向けてさらに発展する年としますので、ともに頑張っていきましょう。