市長メッセージ

更新日:2022年04月04日

職員の皆さん、おはようございます。市長の十屋でございます。
今日も一日、「笑顔であいさつ 日本一 ひゅうが」でよろしくお願いいたします。

令和4年度がスタートし、新たな市政運営が始まります。
国内では、新型コロナウイルス感染症が発症して、およそ2年が経過しました。
今年に入り、感染力の強いオミクロン株が全国的に急拡大し、現在は、BA・2と新た株が確認されるなど、未だ収束の見通しが立たない状況が続いています。
本市においても、感染者が高止まりしており、市民生活や地域経済は甚大な影響を受けるなか、私たちは我慢と忍耐を強いられる日々が続いています。
本年度も引き続き、市民の命と健康を守ることを最優先に取り組むとともに、アフターコロナを見据え、疲弊した地域経済の再生に向けて、国・県・関係団体と連携を図りながら、しっかりと取り組んでいきますので協力をお願いします。

次に、組織改編についてです。
第2次行財政改革大綱に基づき、行政デジタル化を推進し、全庁的な事務の簡素化・効率化を図り効果的・効率的な行政経営等を推進するため、「行政改革・デジタル推進課」を新設したほか、各部の組織改編を行いました。
また、管理職等の退職に伴う昇任や、組織改編に伴う配置替、長期在職者の異動を基本に人事異動を行いました。新たな職場に異動された方々は、慣れない職場となり、様々なとまどいやご苦労もあろうかと思いますが、組織として連携を図り頑張っていただきたいと思います。
なお、社会状況の変化や制度の改正等により業務が増加していますが、限られた人員・財源の中、業務の取捨選択等、効率的な行政運営に努めていただくようお願いします。

次に、32名の新規採用職員の皆さんが各職場に配属されましたが、期待と不安を抱きながら入庁しています。
新人職員は、子どもが親の背中を見て育つように、部課長をはじめ先輩職員の皆さんの立ち振る舞いや言動、仕事の仕方等を見て学びますので、よき手本となっていただきたいと思います。これからの本市を担う人材ですので、職場全体でのサポートをよろしくお願いします。

今年も、市民の皆様と接する際には、『利他の心(人のため世のために尽くすことが人間として最高の行為である)』を常に意識し、笑顔で市民サービスの向上に努めていただきたいと思います。
また、市民の皆様からの様々な課題や要望等についても、出来ない事を考えるより、どうしたら出来るかを一緒に考えて前向きに取り組んでいきましょう。
そして、本市の将来像「海・山・人がつながり 笑顔で暮らせる元気なまち~リラックスタウン日向~」を目指し、総合計画の着実な推進を図っていきたいと考えます。
そのためには、市民、企業、各種団体と行政が協働して取り組むことが必要です。
今年度も、職員の皆さんのご協力をお願いします。
それでは、日向市の新たな未来に向かって、今年度も一緒に頑張りましょう。

【今月の一言】

枡野俊明著「リーダーの禅語」より掲載
禅語「我逢人(がほうじん)」・・・縁を大切にする
人でも物でも出来事でも、”たまたまの出会い”が人生や仕事を大きく変えていくことはよくあります。というより、偶然の連続が人生だ、というふうにも思います。
地球上に何十億人いる人の中で誰かに出会う、世界で無数の営みがあるなかで一つの出来事に遭遇する、数えきれないほど売られている沢山の本の中で一冊の本を手に取る、そういったこと自体が奇跡のようなものです。
しかし、それらは偶然でしょうか。
仏教では「物事にすべからく、ご縁が働いている」としています。つまり、私たちの行動のひとつ一つは、直接的にそれを生じせしめる「因」と、間接的に作用する「縁」とが合わさって生じたもの。すべてが偶然ではなく、仏さまがくださった奇跡的な必然の結果であるととらえ、「因縁」を非常に重視しているのです。
そういう見地に立つと、「出会った人・出来事とのご縁に感謝し、大切にしていこう」という気持ちになりませんか。
リーダー(上司)にはそういう気持ちになってもらわないと困ります。なぜなら、縁に対して敏感になれば、タイミングよく縁を生かして自身の人間性を高め、ビジネスを広げていくことが可能になるからです。
「我逢人(がほうじん)」・・・縁を大切にする という禅語を常に頭の片隅に置き、出会いを大切にしましょう。

【私見】

4月は、新年度のスタートと春、出会いと別れの始まりで、仕事や住居・生活環境などが変わり、その社会や生活環境に慣れるのに戸惑う時期でもあると思います。
新たな出会いや発見、出来事が起こり、楽しみの一つと考えるポジティブな考えが必要ではないかと考えます。
市役所の各職場においても、新たな仕事や職場の上司、同僚、後輩など、様々な方々との出会いがあり、今まで一緒に仕事をしたことや接点が全くなかった人との出会いなど、お互いに関心を持って付き合っていくことも大事ですね。
そして、「物事にすべからく、ご縁が働いている」と言われるように、”いいことあると、イイネ”と笑顔で縁を大切にしましょう。